バイク査定が評価される理由
ホーム > 注目 > 鼻の下の黒いシミは、色素沈着?肝斑?それとも・・・

鼻の下の黒いシミは、色素沈着?肝斑?それとも・・・

鼻の下の黒いシミ。いったい何? シミにはいくつもの種類がありますが、主に紫外線が原因の顔面・手の甲などにできる褐色の色素班である老人性色素班と、30代後半から頬・鼻の下・額などに色素沈着や女性ホルモンのバランスの崩れによる肝斑などがあります。 肝斑は、紫外線以外にホルモンのバランスの乱れ・生理不順・ピル服用・妊娠中・出産・更年期・子宮内膜症などが原因だと考えられます。 そして、鼻の下にひげが生えたような黒いのは色素沈着か肝斑の疑いがあります。 なぜなら、鼻の下の黒いシミや肝斑だとすれば、最も後発する部位でもあるからです。 それは、表皮の中でも一番下の基底層にあるメラノサイトによりメラニン色素が作られ、日焼け後に増加し沈着するのです。 もし肝斑であれば、紫外線も影響がありますが浴びなくてもでき、色素沈着以外に慢性的な炎症がメラニンを細胞を刺激し、メラニン生成が活発化にしてしまう事もあります。 そのようなメラニンを増殖させてしまうと、額・こめかみ・口周辺・鼻の下に現れることがあるのです。 例外もあるので気を付けて! 鼻の下にある黒いシミは色素沈着や肝斑の可能性がある事があると分かりました。 しかし、稀に実は皮膚がんが隠れていることもあるのです。 皮膚がんは紫外線と大きく関係し長時間紫外線を浴びダメージを受けメラニンが蓄積され、色素素細胞がメラニン合成しメラニンが過剰生成されます。 そして、日焼けした肌が褐色になりシミの原因を作ってしまいます。 また、皮膚がんの中で中高年の顔面に多く好発する皮膚がんは、紫外線を多く浴びやすい頬・眼瞼・外鼻などにできます。 症状によっては初期に皮膚に黒いシミや発疹ができますが、痒みや痛みなどもなく気にしない事が多く、単なる黒いシミだと放置しがちですね。 次第に黒いホクロのようなものができ、普通は平らなホクロなのですが悪性や症状が進行していれば黒いシミが盛り上がってくるのです。 そこで、初期症状の黒いシミの皮膚がんの見分け方として、盛り上がる・出血する・数か月で大きくなる・形がいびつで色ムラがある。などの変化が特徴です。 しみ、かんぱん同様のケアが効果的 最強の美白成分と呼ばれるハイドロキノンは、しみ・肝斑・色素沈着にも高い美白効果をもたらすだけでなく即効性にも優れています。 なぜなら、それらの原因でもあるメラニン生成を確実に抑え、直接メラノサイトに働きかけ減少させメラニン色素を根こそぎ取り除きます。 つまり、ハイドロキノンが高い美白効果や即効性がある理由は、大きく2つあるのです。 間接的な作用としてシミを作らせないようにする予防作用があるのですね。 そして、もう一つは、直接メラノサイトに働きかけ減少することで、シミの原因を全て取り除く事ができます。 よって、できてしまったシミ・ニキビや肌炎症後の色素沈着・肝斑などに対して美白効果を発揮という訳です。ディセンシア サエルはシミにも美白にも効くのでお試ししたことない人は試してみるといいですね。