バイク査定が評価される理由
ホーム > 健康 > 妊娠中はなるべく動くことで便秘を軽減できる

妊娠中はなるべく動くことで便秘を軽減できる

妊娠中は便秘になりやすい傾向があります。

盛んに放出される黄体ホルモンによって大腸の蠕動運動が弛緩するのと、拡大した子宮の直腸圧迫によって、働きがゆるくなってしまうためだとされています。

妊娠した喜びの反面の不安などストレスが原因となることもあります。動く機会が減ることも排便リズムが乱れていく原因かも知れません。女性は必ず生理を経験するため、妊婦でなくとも、貧血の人が多い傾向があります。妊娠するとなると、3,4割は貧血の正式な診断がされるようです。

妊婦についてはおなかの赤ちゃんが自分で血液をつくるのに母親から鉄分を吸収しようとします。沿うなると母体のほうは必然的に鉄分不足になります。

 

こうして起きる貧血が鉄欠乏性貧血と言われます。妊娠期の28週から31週の間に多いようです。つわりというのは、朝起きた際の空腹のせいで気分が最悪になることもあります。布団のそばにクッキーなど小腹を満たすものを用意しておき、起きる際に軽く食しておくとオエッという感じも減ります。動いている間も空腹感が強くなるのを避け随時何か食べることをお薦めします。そしてフライや刺身は食べられなくても冷んやりしたものや酸っぱい食物はスッと食せます。何か打ち込めるものがあると、キツイつわりも少し楽になることがあります。

 

シゴトしているなら、業務に打ち込むことで忘れられるかも知れません。たとえば、コンサートに行ったり、仲の良い友達と話せば、その時はつらさも忘れます。

 

 

外に出るだけでも気もちが楽になります。海辺や高台など眺めの良いスポットでゆっくりと時間をとるようにすれば気もちが楽になります。

貧血ではママ側の心臓がしんどくなり、心臓がドキドキしたり、呼吸がきつくなったりします。場合によっては、めまいや立ちくらみも起きるかも知れません。立ちどころに疲れが出て、だるさも感じたり、青白い顔色になります。もし貧血気味だとしても、すぐすぐ赤ちゃんの成長に支障はありません。

しかし、長期に貧血が改善されないままだと、おなかの赤ちゃんの成長にも支障が出ますし、加えて母親自身の健康面もリスクを負います。吐き気がおさまらないようなときは、体内水分が枯渇しやすくなります。水を気がけて飲むようにしてちょうだい。

 

 

 

ごくごく飲むのが無理なら、少しずつでも補給してちょうだい。

爽快感のする柑橘系の味のする飲料がいいしょうね。

 

できちゃったら以前よりも1時間は睡眠時間を増やしてちょうだい。ひるねもよく活用してください。つわりで吐き気のあるときは、おなかの赤ちゃんの栄養面はまだ心配ないので、つるんと喉に通る食物を食欲があるときにご飯してください。

 

 

 

身内の人も妊娠悪阻に苦しむ人のそばでは、吐き気に繋がり沿うなものはどけておくという注意をしてください。

 

また永遠の謎なのですが、自炊したものより買った食品のほうが食欲が増します。

 

 

 

便秘でポッコリおなかになったり、ムカついたり、ガスがいつも出て恥ずかしかったりします。

さらに便秘とつわりの二つがもっと食欲を失わせるかも知れません。

加えて、便秘を何度も起こすと痔ができることもあるので、お通じを良いものにしてください。便秘対策としては、便意が起きたらトイレに行くことです。時間を決めておいてその時に必ず便所に行くよう習慣化しておくといいようです。妊婦の便秘にオリゴ糖効果が注目されている理由